あいさつ

海老沼小学校長 大島 恵美

 本校は昭和55年4月に開校いたしました。旧大宮市では小学校36校中の35番目となります。
 海老沼小学校の「海老沼」という地名が文献の中に登場するのは江戸時代の後半からです。「海老沼」という地名については二つの説があり、一つは、ここにあった沼(現在は団地が建っています)が上から見るとエビの形をしていたこと、いま一つは、エビ藻がたくさん繁殖していたという説ですが、はっきりはしていません。
学校の南側と西側は団地やマンションが建ち並んでいます。北側には大宮駅から真っ直ぐに延びる幹線道路があり、日本大学がすぐそばにあります。春には大学の桜と本校の桜とですばらしい景観を見せてくれます。学校の周辺は緑が濃く、自然を体験することができます。学校にビオト-プには、たくさんの種類のトンボが飛んで来ます。また、オタマジャクシもたくさん見られ子ども達の活動の場の一つとなっています。

 本校の子どもたちは明るく、元気でとても素直です。本校の一日は、海老沼タイムと読書タイムで始まります。月曜日はあゆみタイム(基礎基本)、水曜日と木曜日は読書タイムと海老沼タイム(運動)をコロナ感染症拡大防止のため、今年度は学年を分けて行っています。金曜日はG・Sタイムを行っています。  また保護者や地域のみなさんには、PTAや各種ボランティア、学校運営協議会などで熱心なご支援とご協力をいただいています。 今年度も「笑顔を歌声あふれる学校づくり」をめざして、「よりよく」「ていねい」に努力してまいります