あいさつ


   海老沼小学校長  森  裕子 

本校は昭和55年4月に開校いたしました。旧大宮市では小学校36校中の35番目となります。
 海老沼小学校の「海老沼」という地名が文献の中に登場するのは江戸時代の後半からです。「海老沼」という地名については二つの説があり、一つは、ここにあった沼(現在は団地が建っています)が上から見るとエビの形をしていたこと、いま一つは、エビ藻がたくさん繁殖していたという説ですが、はっきりはしていません。

学校の南側と西側は団地やマンションが建ち並んでいます。北側には大宮駅から真っ直ぐに延びる幹線道路があり、日本大学がすぐそばにあります。春には大学の桜と本校の桜とですばらしい景観を見せてくれます。学校の周辺は緑が濃く、自然を体験することができます。学校にビオト−プを造成したところ、すぐにたくさんの種類のトンボが飛んで来ました。また、オタマジャクシもたくさん見られ子ども達の活動の場の一つとなっています。

 子どもたちは明るく、元気でとても素直です。本校の一日は、海老沼タイムと読書タイムで始まります。月曜日は基礎・基本タイム、水曜日はクラス遊び、木曜日は朝の読書や朗読の時間、金曜日は運動の時間になっています。図書ボランティア、読み聞かせボランティアのみなさんの協力のもと、本大好きの子どもたちがいっぱいです。

 また保護者や地域のみなさんには、PTAや各種ボランティア、学校評議員会などで熱心なご支援とご協力をいただいています。「えがおであいさつ、きれいな学校」をめざして今後もさらに努力してまいりたいと思います。


 あたたかい学級づくり、わかる楽しい授業をめざしています。



    学校教育目標

「かしこく、やさしく、たくましく」

<めざす児童像>
すすんで勉強する子
がんばりぬく子
思いやりのある子

本校のめざす像
(1)めざす学校像

学ぶ喜びのある学校

保護者や地域と連携し信頼される学校

安心・安全できれいな学校


(2)めざす教師像

確かな児童理解と授業により個に応じた指導ができる教師

教育者としての使命感と豊かな人間性のある教師

共通理解を図り、協力体制を確立し組織的に対応できる教師


(3)行動目標
・「笑顔であいさつ、きれいな学校」
・新たな発想・創造のもとで子供を生かす教師
 (平成28年度の重点)
   
学校経営方針

児童を学校の主体としてとらえ、一人ひとりの児童の夢と希望を大切にしよりよく生きる力を育む教育活動を推進する。

学習指導要領及びさいたま市教育課程編成要領を踏まえ、適切な教育課程編成、実施、評価を行う。

教育公務員としての自覚を堅持し、誠実に職務を遂行する。

教育の専門職として研修を深め、児童に還元する。

信頼される開かれた学校づくりに努める。

安心、安全で生き生きと活動できる教育環境づくりに努める。

自己評価システムの活用と改善
本年度の重点目標
  (1)学習指導の工夫改善・充実   <かしこく>進んで勉強する子
       ○わかる楽しい授業の工夫  ○グローバルスタディ科の推進、充実
       ◯海老沼タイム・あゆみタイム・読書タイムの全校での取り組み
  (2)豊かな心を育む教育の推進  <やさしく>思いやりのある子
       ○道徳教育の充実  ○特別活動の充実  
       ○生徒指導の充実  ○教育相談の充実  
       ○人間関係プログラムの活用  ○特別支援教育の充実  ○キャリア教育の充実
       ○音楽教育の充実  ○図書館教育の充実
  (3)健康教育の推進  <たくましく> がんばりぬく子
       ○体力向上  ○食育  ○健康  ○安全 さいたま市学校安心メールの活用
  (4)安全できれいな教育環境の整備 <笑顔であいさつ きれいな学校>
       ○施設設備の安全管理  ○花と緑につつまれた学校づくり  ○校舎内外の美化及び清掃活動の徹底
  (5)開かれた学校づくりの実現 <信頼される学校>
       ○チャレンジスクール<土曜日・放課後>の実施
       ○地域社会・保護者との相互理解と連携  ○学校からの情報発信  ○ボランティアの受入れ
  (6)校内研修の充実 <学校力、指導力の向上>
       ○ 学校課題研修の充実  ○積極的な個人研修の推進  ○若手教員研修